改めまして・・・

遅ればせながら、、、乃木坂46 Merry Xmas ‘Eve’ Show 2014(アンダーライブ2nd season FINAL) & Merry Xmas Show2014に参戦してきました!

ということで、こちらはPart.3です。

Part.1では、乃木坂ライブ初のケータリングを、Part.2ではJackyのライブ参画企画「①井上小百合の20歳の誕生日をお祝いしよう!」「②ミナミオナ デビュー企画!!」「③さゆにゃん20歳おめでとうフラワースタンド企画」についてお話しましたヽ(。・ω・。)

こちらPart.3は、ライブの感想とかを独断と偏見で書いて行きたいと思います~

初日は「アンダーライブ セカンド・シーズンFINAL! Merry Xmas ‘eve’ Show 2014」です。これまで、六本木ブルーシアターで800名ほどの箱で公演が行われていましたが、今回は「有明コロシアム」で、およそ8,000名!全握券の応募でチケットが抽選で当たるスタイルだった渋谷O-EASTのアンダーライブのとき「武道館でアンダーライブができるように!」って目標を掲げてましたけど、まさか今年のうちに8,000人規模の箱でアンダーライブができるほどになるなんて・・・

しかも、メインのMerry Xmas Show 2014は土日の2日間なため、アンダラFINALは平日の金曜日という社会人にも学生にも辛いスケジュール。18:30開演と、やや遅めの設定がされたものの、さすがにやむなく断念した人も多かったと思います。Jackyはきっちり有給使って行きましたけどね。。。年末の近いこの時期に有給とか難しい職種も多いと思うので、ありがたやー(ノД`)
そんないろいろと厳しい条件の中でも、満員に埋まった有明コロシアム。アンダーっていう概念とは別に、純粋に「あのパフォーマンスを見たい」っていうファンが多かったってことですよね。

セトリは、以下の通り。ベースはかなりんのブログから拝借しました^^;
なんと言っても、今回の目玉企画は「全員センター」。くじ引きで曲を決めたそうで、琴子がくじを引くところまでの映像がステージに設置されたモニターに流れました。てっきり、琴子がトップバッターかと思いきや、、、
出演メンバーが1曲ずつセンターを務めながら、進んでいきます。誰がどの楽曲でセンターをやるのか、そういったドキドキ感も楽しめましたね~。

Overture
あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
ここにいる理由
《ダンスパート》
狼に口笛を(ライブバージョンダンス)
制服のマネキン
-MC-
ぐるぐるカーテン(ひなちま)
春のメロディー(らんぜ)
夏のFree&Easy(飛鳥)
扇風機(まりちゃ)←まりかのことですねw
バレッタ(伊織)
音が出ないギター(ろってぃー)
失いたくないから(かわたん)←ひなぴょんのことですw
指望遠鏡(中田)
左胸の勇気(愛未)
-ミュージカル-
-MC(クリスマスの一言)-
生まれたままで(純奈)
涙がまだ悲しみだった頃(まあや)
やさしさとは(みり愛)
サイコキネシスの可能性(かりん)
ロマンスのスタート(ひめたん)
ハウス!(せいたん)
君の名は希望(まいちゅん)
気づいたら片想い(らりん)
シャキイズム(さゆにゃん)
ダンケシェーン(きぃちゃん)
ロマンティックいか焼き(ゆったん)
そんなバカな…(あーちゃん)
ガールズルール(琴子)
-MC-
初恋の人を今でも

[アンコール]
13日の金曜日
-MC(緊急告知)-
乃木坂の詩

[ダブルアンコール]
挨拶のみ

特筆すべきは、伊織。アンダーライブ初登場が「バレッタ」で、いきなり最初のソロから登場とかいうなかなかの演出だったわけですけど、今回きっちりバレッタを引いてますw

蘭世は、春のメロディー。らんぜコール、すごかったですね~
個人的にも好きな楽曲なので、ほんとに楽しめました♪

ろってぃーは、完全に「ろってぃワールド」全開で、パフォーマンスの魅入られた人も多いはず!普段の印象とは違ったところがギャップ萌えというんですかね~

かりんは、メインステージの階段を上って、上がりきったところで歌って踊る!あれはセンターというよりソロでしたねwww歌ってて気持ちよかったと思います( ^ω^)

まいちゅんは、曲が始まると下手から登場。「アイドルとしては21歳という遅いデビューでした」って言いながら、すでに泣いてしまっていて・・・・曲が始まってすぐは歌えないぐらいでしたが、すぐに持ち直して笑顔でパフォーマンスしてました。
いろんな感情や景色がバーッと駆け巡ったんでしょうね・・・あれはグッときました。しかも歌が「君の名は希望」で・・・まいちゅん推し、増えたと思います。

そして、圧巻だったのは、じょーさんこと能條さん。いや、ジョンソンですねw ジョンソンコールも楽しかったんですけど「今日の主役」っていうハンズとかで売ってるたすきをかけてたのが爆笑w バックステージでパフォーマンスをしていたのをトロッコでセンターステージに戻るんですけど、じょーさんのトロッコを先頭に、なぜかみんなのトロッコも真ん中の通路でw これまでは外周とか内側とかを廻っていたのに、このときだけは1列で隊列を組んでメインステージに戻ったので「これセンターじゃない、これセンターじゃない」って訴えるけどみんなから「センターだったじゃん」と援護してもらえずwww じょーさん、いいキャラしてます( ^ω^)

スクリーンではくじを引いていた琴子ですが、引いたくじは「ガールズルール」!ガルルは、表題曲の中でも、というかライブでも盛り上がる曲の上位に来ますよね!アンダラでも、イントロがかかると一気にみんなテンションあがりますからねwポンコツといわれることの多い琴子ですが、ノリの良い曲でコールしやすい曲ですし、煽らなくても盛り上がる曲なので、パフォーマンスしていて楽しかったと思います。その楽しさ、面白さを「次は自分がセンターを狙うんだ」っていう意気込みになって、ちょっと意識が変わってくれればいいかなーって思います。
アンダラでは「ガルルはひめたんの曲」っていう印象が強いですが、それを変えるぐらいの気持ちでがんばって欲しいなーって思いました。

とはいえ、この「全員センター」のMNPはやっぱり、ひなぴょんですね。
「失いたくないから」をステージの階段のところに座って歌うスタイルもちょっと斬新でしたが、「手紙を用意しました」といってステージ最前まででてきて、手紙を読み始めます。

「乃木坂に入って4年。あなたに毎日会ってるわけじゃないけど会うといつも笑顔。あなたと私はファンとアイドルなのかな?」(まぁ内容はこんな感じですw)

ここまできて、みんな当然「私信キター」なわけですが、、、、「まいまいを・・・失いたくないからw」と、曲名に掛けてオチをつけるところなんて、秀逸すぎますwww
アンダーライブなので言えた、みたいなこと言ってましたが、まいまい会場にいたそうでw

他にも、ミュージカルちっくな劇があったり、クリスマスの一言コーナーがあったり、いろいろ楽しめましたw 特に「クリスマスの一言」では、ひめたんの「ちゅーしちゃうぞ」が久しぶりに見られたと思ったら、あしゅが「どうせお前らクリスマス一緒に過ごす相手いないんだろ?」と、ドSな一撃w あれがいちばん盛り上がったかもw

当初、アンダーライブはブルーシアターのような大きさの会場だからこその距離感や一体感がよかった、という意見が多かったと思います。
確かに、距離感は大きく変わりました。以前は、最後列でもメンバーを見られたし、表情を見るぐらいはできました。中央通路にメンバーが来てお立ち台に立つから、席によっては「握手会かw」というぐらいの距離でメンバーがいることも!それを考えれば、今回はそういう楽しみ方はできませんでした。
でも、不思議とそれを感じさせない気がしました。もちろん、3階席とかになるとそういう感想にはならなかったかもしれませんが、Jackyは2階席(会場入って、ちょっと階段を上る位置でした)でしたから、それなりに楽しめました。
一体感は、ありましたね!全員センターということで、慣れないメンバーがガンバっているから「ウチらが盛り上げないと!」みたいな使命感といえばいいんですかねw メンバーも、箱の大きさに合わせて思いっきり煽ってくることも多くて、ゆったんとか遠いバックステージだったけど、見てて楽しかったですからね~

「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」は、さゆのセンター曲ということもあって、Jacky的には、咄嗟が流れるとスイッチが入りますw イントロも徐々に盛り上がってくる感じなので、いいんですよー( ^ω^) ダンスも曲調に比べて激しいので、ライブ向きですよね!パフォーマンスを重視したアンダーライブだからこその振り付け。しかも、さゆがカッコいい!曲の合間に見せる笑顔と対照的なクールな表情がいいんですよ(ノД`)

やばいな・・・アンダラFINALだけでこんなに書くことあったとはw

では、続きはPart.4で!