乃木坂パープルハート

-Nogizaka Purple Heart- 乃木坂46ファンサイト

Jackyの雑談コーナー -人狼ゲームとは?編-


改めましてこんにちは。サイト管理人の「J」ことJackyです。

乃木坂46時間TVの深夜コンテンツ「朝まで乃木坂人狼!」ですが、いろいろと盛り上がりますよね。とはいえ、ルールを良く知らない人も少なくないと思いますので、ここでちょっとまとめておきたいと思います。
追加情報・修正情報や掲載してもよい写真などをお持ちの方は、ぜひこちらのメールフォームで教えてください。よろしくお願いします。
※あくまでも乃木坂ローカルルールに基づいて記載しています。一般的なルールや運用と異なる部分があるかもしれません。

人狼(じんろう)ゲームとは?

カードを引いて「人間の役」と「人狼の役」を決めます。ゲームは、昼のターンと夜のターンに分かれています。昼のターンでは、誰が人狼なのかを話し合って、追放する人を投票で決定、人狼が残っていると夜のターンで人間が襲撃されてしまいます。これを繰り返して、人狼をすべて見つければ人間側の勝利、人間の数と人狼の数が同じになったら人狼側の勝利となります。人間は人狼を探し、人狼は人間を騙す、という推理ゲームです。

ゲームでの役職

このゲームでは、それぞれのプレイヤーに役職が与えられます。乃木坂ルールでは、以下の5つが採用されています。

【人間サイド】
市民:特に能力を持たない普通の人間。追放によって人狼を排除できるかが鍵です。
占い師:夜のターンで誰かを指名してその人が人間か人狼かを知ることができます。
騎士:夜のターンで誰か一人を人狼の襲撃から守ることができます。ただし、自分自身は指定できず、同じ人を2日続けて守ることもできません。

【人狼サイド】
人狼:人の姿をした狼。夜のターンで人間を一人襲撃します。人狼は、ゲーム開始時にほかの人狼が誰かを知ることができます。
裏切り者:人間なのに、人狼の味方。人狼側が勝利することで勝利となります。占い師に占われても「人間」と判定されるので要注意。

基本的な割り当て人数は、人狼×2、占い師×1、騎士×1、裏切り者×1、残りが市民、となります。
GM(ゲームマスター)は早出明弘さんが毎回担当されています。すべての行動はGMの指示によって進んでいきます。


ゲームの流れ~準備・前日夜~

まず、プレイヤーにカードを配ります。この時点ではまだカードを見ません。
全員にカードを配り終えたら、一人ずつカードを確認していきます。このときのリアクションも判断材料となります。

GM「それではここで、人狼同士、確認をしてもらいます。みなさんいったん目を閉じてください」
GM「人狼の方だけ目を開けて、お互いを確認してください」
 →裏切り者はここで確認に参加することはできません
GM「確認できましたね、では目を閉じてください」

ゲームの流れ~初日~

GM「さっそく始めましょう。初日の朝がやってきました」

(ここでニワトリの鳴き声)

GM「初日の話し合いを開始いたします。話し合い開始」

ここからプレイヤー同士で、誰を追放するのか、話し合いが始まります。

(ここで鐘の音が鳴り響く)

GM「話し合いを終了してください。」
GM「それでは1日目の追放者を選びたいと思います。自分が人狼だと思う人を一斉に指差してください。それでは、どうぞ」

(乃木坂バージョンでは、ここで順番に指差した理由を話してもらいます)

最も多く票が入った人が1名の場合、その人が追放されます。
複数名が同票だった場合、決選投票を行います。投票される人以外のプレイヤーが投票します。ここで最も多く票が入った人が追放されます。もし決選投票で決着がつかなかった場合には「追放者なし」となります(乃木坂ルール?)。

GM「追放される方が決定いたしました。」
GM「追放されるのは、○票獲得の○○さんです。」
(乃木坂バージョンでは、ここで追放者に一言を話してもらいます)

(ここで狼の遠吠え)

GM「夜になりました。人狼の襲撃です。みなさん、目を閉じてください。」

GM「人狼さん、おはようございます。」

ここで人狼は目を開けます。

GM「本日は誰を襲撃しますか?番号で教えてください。」

人狼は他の人に気づかれないように、互いに確認しながら襲撃する人を選びます。

GM「確認いたしました。人狼さん、おやすみなさい。」

GM「占い師さん、おはようございます。本日は誰を占いますか?番号で教えてください。」

占い師は他の人に気づかれないように、占いたい人を選びます。

GM「確認いたしました。その方は、こうです。」

占い師は占いの結果を確認します。

GM「占い師さん、おやすみなさい。」

GM「騎士さん、おはようございます。本日は誰を守りますか?番号で教えてください。」

騎士は他の人に気づかれないように、守りたい人を選びます。

GM「確認いたしました。騎士さん、おやすみなさい。」

GM「それでは、2日目の朝がやってきます。」

ゲームの流れ~2日目~


(ここでニワトリの鳴き声)

GM「みなさん、おはようございます。」

GM「昨晩襲撃されたのは、○○さんです。」
騎士が襲撃された人を守れた場合:
GM「昨晩襲撃されたのは、、、いらっしゃいませんでした。」

GM「2日目の話し合いを開始いたします。話し合い開始」

ここからプレイヤー同士で、誰を追放するのか、話し合いが始まります。

(ここで鐘の音が鳴り響く)

GM「話し合いを終了してください。」
GM「それでは2日目の追放者を選びたいと思います。自分が人狼だと思う人を一斉に指差してください。それでは、どうぞ」

(乃木坂バージョンでは、ここで順番に指差した理由を話してもらいます)

最も多く票が入った人が1名の場合、その人が追放されます。
複数名が同票だった場合、決選投票を行います。投票される人以外のプレイヤーが投票します。ここで最も多く票が入った人が追放されます。
もし決選投票で決着がつかなかった場合には「追放者なし」となります。

GM「追放される方が決定いたしました。」
GM「追放されるのは、○票獲得の○○さんです。」
(乃木坂バージョンでは、ここで追放者に一言を話してもらいます)

(ここで狼の遠吠え)

GM「夜になりました。人狼の襲撃です。みなさん、目を閉じてください。」

GM「人狼さん、おはようございます。」

ここで人狼は目を開けます。

GM「本日は誰を襲撃しますか?番号で教えてください。」

人狼は他の人に気づかれないように、互いに確認しながら襲撃する人を選びます。

GM「確認いたしました。人狼さん、おやすみなさい。」

GM「占い師さん、おはようございます。本日は誰を占いますか?番号で教えてください。」(すでに追放・襲撃されていたとしても、このステップは必ず行われます)

占い師は他の人に気づかれないように、占いたい人を選びます。

GM「確認いたしました。その方は、こうです。」

占い師は占いの結果を確認します。

GM「占い師さん、おやすみなさい。」

GM「騎士さん、おはようございます。本日は誰を守りますか?番号で教えてください。」(すでに追放・襲撃されていたとしても、このステップは必ず行われます)

騎士は他の人に気づかれないように、守りたい人を選びます。

GM「確認いたしました。騎士さん、おやすみなさい。」

GM「それでは、3日目の朝がやってきます。」

ゲームの流れ~3日目以降~

ここからは、2日目の繰り返しになります。
ゲームが終了するのは、以下の2パターンです。

人狼がすべて追放される→市民側の勝利
 ⇒最後の人狼が追放された時点で即終了となります(裏切り者は人を襲撃できないので)

市民側と人狼側の人数が同数になる→人狼側の勝利
 ⇒市民+占い師+騎士 = 人狼+裏切り者
 (このパターンは乃木坂人狼ではまだ起こっていないのですが、おそらく)

ゲームのポイント

私もあまり詳しいほうではないので戦略的なものではなくて一般論になりますが...

饒舌は怪しいが、逆に無口な人も怪しまれる
人狼は、他人に疑惑を向けないといけないので無意識に口数が多くなりがちです。とはいえ、話し合いに参加しないでいると「怪しまれないようにおとなしくしているのでは?」と、これもまた逆効果になります。
役職者も、自身が追放されたり人狼に狙われないようにするため、市民とは違った動きが求められます。これが、疑心暗鬼の中で疑惑を招きます。

役職者が自身の役職を公開するか、またはしないのか
特別な役職を持つ人は、市民側の活動を有利にします。しかし、人狼側にそれが知られれば、間違いなく襲撃のターゲットになります。騎士は同じ人を2日続けて守ることはできませんし、追放や襲撃ですでに残っていないかも知れません。
乃木坂人狼はゲーム初心者メンバーも多いのでまだですが、慣れてくると「だまし告白」(人狼が占い師などの役職を騙る)をする場面も出てくるでしょう。「役職持ちで、占い師なんだけど」と人狼が告白しても、それが本当かどうかは本人と「本当の占い師」にしかわかりません。
ちなみに、市民が役職持ちを騙るメリットはありません。逆に、本当の役職者から「人狼認定」を受けて追放される側に回ってしまいます。これは人狼側に利することはあっても市民側のためにはなりません。

※46時間TV Part.2、2日目1回戦で、最後の最後にかずみん(人狼)がまいちゅん(真・占い師)からの人狼指摘をかわすために「私、実は占い師」告白をして、それまでもわざと襲撃者をはぐらかしていた部分をうまく使っていましたね。


あくまでも、ゲームです!
若干人間性が出ますが(苦笑)、だまし・だまされるのがこのゲームの醍醐味ですので、実生活にゲームの結果を持ち込まないようにしましょう(笑)。

用語いろいろ

ガチ市民:「ガチで市民だから!」とアピールするときの言葉。市民側であることをアピールする場合と、役職のない市民であることをアピールする場合の2パターンがあります。
狂人:乃木坂ルールだと「裏切り者」の役職。
人狼顔:主に顔が濃いメンバーがそう言われる。
吊る:乃木坂ルールだと「追放する」に相当する意味。こちらの言い方のほうが一般的。
CO:カミングアウトの略語。役職を公表すること。もちろん本物も偽者もいる。SNSで使われるので思えておくと便利。
GM:ゲームマスターのこと。ゲームの進行役で、非常に重要な役回り。早出明弘さんが担当してくれています。

会話型心理ゲーム 人狼 (JIN-ROU)カード 日本製

【セット内容】カード16枚(人狼x3、市民x8、予言者x1、ボディーガードx1、霊媒師x1、裏切り者x1、役職一覧カードx1)、説明書

新品価格 ¥778から(2017/4/27 22:22時点)

会話型心理ゲーム 人狼DX

【セット内容】カード32枚(人狼×4、市民×9、予言者×2、ボディーガード×2、霊媒師×2、裏切り者×2、ハンター×1、共有者×2、妖狐×1、タフガイ×1、独裁者×1、役職一覧カード×4、ホワイトカード×1)、説明書、司会進行表

新品価格 ¥1,227から(2017/4/27 22:16時点)

人狼ゲームで学ぶコミュニケーションの心理学-嘘と説得、コミュニケーショントレーニング 単行本(ソフトカバー)

誰を信じるか、誰を疑うか。会話しながら駆け引きを行ったり、説得したり、嘘をついたり、誰かを信じたり、騙されたり―「究極の心理ゲーム」人狼ゲームを楽しみながら学校の活動で、企業の研修で活用できる、コミュニケーショントレーニング入門。巻末・人狼ゲーム記録用紙/コミュニケーション振り返りシート/まとめシート。

新品価格 ¥1,836から(2017/4/27 22:27時点)


アイドルグッズの高額買取【アイドル館】手数料無料